『引退宣言』

『引退宣言』


こんにちは、お久しぶりです。

皆さんにとって2018年はどのような年でしたか?


ちゃんと言葉にしなきゃな、と思いながら

あっという間に時間が経ってしまいました。


さて、タイトルにもあります通り、

踊る人、パフォーマー、ダンサー、身体表現、

そんなことを長らくやってきましたが。


中嶋魅鳴 引退します。


理由はまぁ環境とか、心境の変化とか色々あるんですけど、

わたし自身が『中嶋魅鳴』にエネルギーを

注げなくなったって言うのが一番の理由です。


この感覚はなかなか理解してもらえないかもしれませんが、

わたしは「つくる側の人」で、『中嶋魅鳴』を

作り上げてきたって認識なんです。


名前からしてそうなんですけどね。

常に客観視を続けながら、その時々で人と出会い、

時間を共有し、作品を生み出し。

人生を費やした自分であり、作品。


わかりやすく例えて言うなら、本を一冊書き終えた感じ。

そしたらまた勉強して、頭の中で構成して、想像力を加えて

新しい本を書きたくなるんですね。


そんな風に考えていた時に、ありがたくも名前を頂戴したんです。


そして作りたいものも定まって、今は新しく紡ぐ物語の

勉強の真っ只中です。


宇宙は全てを飲み込みながら、徐々にその規模を大きくしていく。


と言うことで、今まで応援してくださった皆様、

作品作りに協力してくださった皆様、

改めてありがとうございました。


これからは


『神近 音羽(かみちか おとは)』という名前の作品、

人生を歩み始めます。

そして日本文化を世界に発信していきます!


皆様には「たまごっち」のような育成感覚で誕生から

成長するプロセスを楽しんでいただければ、と思っています。


どうぞ、これからも引き続き

ご贔屓よろしくお願いいたします!


2018、12、10 とっても寒い朝に


中嶋魅鳴改め、神近 音羽